特定非営利活動法人ITコーディネータぐんま
トップ  >  ITC群馬オープンセミナー

ITC群馬オープンセミナーのご案内

ITC群馬では、2004年の発足当初から会員を対象とする定例会とセミナーを隔月で開催しております。
この度、当会のセミナーをオープンセミナーとして開放いたします。
テーマに興味を持つ方ならどなたでも
無料でご参加いただけますので、興味のある方は振るってご参加ください。


対象者 セミナーのテーマに関心のある方ならどなたでも参加できます。
受講料 無料
主催 特定非営利活動法人ITC群馬
申込み 申し込みは不要です、直接会場にお越しください。
会場 前橋プラザ元気21(会議室は毎回変更されます。お問合せください)
URL http://www.genki-21.jp/
問合せ ITC群馬事務局
電話 027-327-4887
メール npo-itcgunma@yahoogroups.jp

 

2016年9月10日
第97回 2016年9月10日(土)15:00-16:00
テーマ めっき業における経営革新の導入支援事例
講師 京盛眞信
内容

産業ピラミッドの底辺に位置するめっき事業者が経営革新認定を取得し、社内構造改革を進め、赤字基調であった経営を直近経常利益率10%までに改善させた取組みとその支援策などについて説明します。

第98回 2016年9月10日(土)16:00-17:00
テーマ 大前研一著「世界を知る6つの特別講義」を読んで
講師 小林広之
内容

本書は大前研一氏が主宰する企業経営者向け勉強会の講義内容を書籍化したものであり、「ビジネスモデル」、「経済」、「テクノロジー」、「人材教育」について総合的に著されています。書籍に書かれた内容を元にして、発表者が印象付けられたことについて解説します。

2015年7月2日
第95回 2016年7月2日(土)15:00-16:00
テーマ パーソナルデータから見る個人情報保護法の改正
講師 小山昭男
内容

過日に発生した大規模な個人情報漏えい、グレーゾーンとして問題視されていたパーソナルデータおよびマイナンバー制度の導入などを契機として個人情報保護法の改正が行なわれた。この改正について、パーソナルデータの取り扱いを中心にして、その変化を探る。

第96回 2016年7月2日(土)16:00-17:00
テーマ 自動運転に関する最近の話題
講師 佐藤 晋
内容

Googleは5月に自動運転のテスト車としてFiat Chryslerと提携した。トヨタは1月に、米国に設立した人工知能の研究開発会社の幹部としてGoogleのロボット開発部門の責任者を引き抜いた。自動運転に関する最近の話題、要素技術、産業・社会への影響などについて整理してみる。

2016年5月21日
第93回 2016年5月21日(土)15:00-16:00
テーマ 中小企業IoT研究〜基礎編)
講師 木島 隆
内容

中小企業が実際にIoTに取組もうとした場合、どこから始めればよいでしょうか。本セミナーでは取組み方法のひとつである、実験・プロトタイプ開発における有力なツールである超小型コンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」や「Edison(エジソン)」を紹介します。

第94回 2016年5月21日(土)16:00-17:00
テーマ 第三次人工知能ブームの到来
講師 小池国夫
内容

先ごろグーグルの研究部門が顔発した囲碁AI(アルファ碁)がプロの囲碁棋士に圧勝したことで話題になった人口知能。人口知能とはどんなものなのか、人口知能で何ができるようになるのか、日本トップクラスの人工知能研究者の一人「松尾豊氏」の著書「人工知能は人間を超えるか」から現在の人工知能について解説します。

2015年9月12日
第85回 2015年9月12日(土)15:00~16:00
テーマ 中小ITベンダーのプロジェクト管理
講師 登坂貴則
内容

ソフトウェア開発会社におけるプロジェクトマネジメントの理想と現実、を経験談(失敗談)を交えご紹介いたします。

第86回 2015年9月12日(土)16:00~17:00
テーマ 文書管理の進め方とBCP
講師 高橋誠一
内容

文書管理を進める際の、手順やポイント、環境構築の流れ、さらにBCPを絡めて、文書管理を考えます。

2015年7月11日
第83回 2015年7月11日(土)15:00~16:00
テーマ NFC応用事例紹介
講師 佐藤 晋
内容

既存のシステムにNFCタグを利用して機能拡張した事例を紹介します

第84回 2015年7月11日(土)16:00~17:00
テーマ ビッグデータ時代のライフログビジネスを考える
講師 下田哲也
内容

ライフログとは、人間の行いをデジタルデータとして記録することであり、そのビッグデータとなるライフログの現状を解説し、今後のライフログを利用したビジネスについて考察します。

2015年5月9日
第81回 2015年5月9日(土)15:00~16:00
テーマ 標的型攻撃と情報セキュリティ政策を考える
講師 茂木真一
内容

増々巧妙になる標的型攻撃の手口と日本国における情報セキュリティ政策の最新動向を解説します。

第82回 2015年5月9日(土)16:00~17:00
テーマ IoTは何に役立つか?
講師 嶋村 譲
内容

IoT(モノのインターネット)で世の中のいろいろなモノ・事が大きく変わると思います。ここでは、技術面からではなく、利用面からの考察に私見を含めて挑戦します。

2015年3月14日
第79回 2015年3月14日(土)15:00~16:00
テーマ ビジネス競争力自己診断ツールの解説
講師 小池国夫
内容

ビジネス競争力自己診断ツールとは、企業の競争力の源泉となる「業務を遂行する能力」について、企業としての「成熟度」を自ら診断し、「経営課題解決への方向性や戦略についての合意形成」を社内で合理的に得るための手法です。今回は本ツールの使用方法等について解説します。

第80回 2015年3月14日(土)16:00~17:00
テーマ 建設業界におけるIT化
講師 小林広之
内容

東京オリンピックに向けて需要拡大が見込まれる建設業界。 公共工事では人手不足や人件費高による入札不調が報道 されることも増えています。 就労者の高齢化、就労者数の減少、低い労働生産性という 業界の課題に対し、生産効率化を図ることや経営面を支援する IT化は急務であります。 建設業界におけるIT化を考えてみます。

2015年1月17日
第77回 2015年1月17日(土)15:00~16:00
テーマ 2015年。IT技術・市場動向・政府施策を考える
講師 木島隆
内容

新年を迎え、各業界における市場動向予測を踏まえ、企業成長を実現するための現IT技術と今後実現するであろう新IT技術について考えます。また次年度政府施策から政府の中小企業施策とITとの関係を考えます。

第78回 2015年1月17日(土)16:00~17:00
テーマ 社会環境の変化に対する個人情報の保護の動向を考える
講師 小山昭男
内容

個人情報保護法が施行されて10年が経ち、広く一般に個人情報保護の重要性が定着してきている。しかし、情報化環境の変化がもたらす社会への影響により個人情報の保護の在り方が再検討されているので、これらの状況を報告します。

2014年11月8日
第75回 2014年11月8日(土)15:00~16:00
テーマ 採択される申請書の書き方のポイント
講師 京盛眞信
内容

9月30日に公表された「ものづくり補助金二次公募」では、14,502件の申請に対して採択率は33%の4,818件でした。ものづくり補助金採択率91%の講師が、採択を勝ち取る補助金申請書作成の勘所を実例・テンプレートを基に解説します。

第76回 2014年11月8日(土)16:00~17:00
テーマ 熱溶解(FDM)型3Dプリンタ導入と使用感
講師 芦田健一
内容

熱溶解(FDM)型3Dプリンタの導入および使用感について発表します。また、3Dプリンタの今後の展開についてお話します。

2014年9月13日
第73回 2014年9月13日(土)15:00~16:00
テーマ 中小企業へ大型システムを導入する際のポイント
講師 細井伸明
内容

中小企業には情報システム部門がないケースが多く、多くの時間と人が関わる大型のシステムを導入する際には、プロジェクトマネジメントが重要になってきます。今回具体的な事例を交えて、押さえておきたいポイント等をご紹介します。

第74回 2014年9月13日(土)16:00~17:00
テーマ クラウド会計ソフトfreee(フリー)について
講師 岩井直樹
内容

今、会計業界だけでなく、広く注目を集めている会計ソフト、freee。 銀行取引・カード明細の自動仕訳取り込みなどの特徴的な機能を紹介しつつ、システムを活用した今後の会計の可能性について解説します。

2014年7月19日
第71回 2014年7月19日(土)15:00~16:00
テーマ 改訂されたJIS Q 27001:2014のポイント解説
講師 茂木真一
内容

この度改訂された情報セキュリティのマネジメント規格 JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)につきまして、変更点や移行のポイントを解説させて頂きます。本改訂では、リスクマネジメントの国際規格であるISO 31000:2009(JIS Q 31000:2010)との整合性や、ISO MSS(Management System Standard)共通要素の採用など、他のマネジメントシステムとの整合性や複数のマネジメントシステムの統合的な構築・運用がスムーズにできるように配慮されています。

第72回 2014年7月19日(土)16:00~17:00
テーマ 熱溶解(FDM)型3Dプリンタ導入と使用感
講師 芦田健一
内容

熱溶解(FDM)型3Dプリンタの導入および使用感について発表します。また、実際に使用した上での3Dプリンタの今後の展開について推論いたします。

2014年5月10日
第69回 2014年5月10日(土)15:00~16:00
テーマ 中小企業・小規模事業者のための公的支援の活用法
講師 平本善則
内容

中小企業・小規模事業者向けの公的支援である「補助金制度」や「よろず相談事業」等についてその仕組みや活用のポイントをご紹介します。

第70回 2014年5月10日(土)16:00~17:00
テーマ ”つながり”の場。コワーキングスペース
講師 藤枝哲哉
内容

コワーキングスペースとは、仕事や打合せ・イベントなどが行えるオープンスペースです。積極的な人と人との”つながり”を演出するのが特徴で、社会への起業創業の機会増大を期待されています。群馬県太田市で実際にコワーキングスペースを運営している経験から、北関東のコワーキングスペースと交流会事情についてお話しします。

2014年3月8日
第67回 2014年3月8日(土)15:00~16:00
テーマ クラウドサービスによるデータ共有とセキュリティ
講師 高橋誠一
内容

クラウドによるデータ共有ツールは数多くありますが、その内容や特徴、某メーカーが提供するクラウドサービスの事例を紹介。さらにデータのセキュリティの観点からも検討します。

第68回 2014年3月8日(土)16:00~17:00
テーマ データサイエンティストとは?
講師 登坂貴則
内容

最近話題のデータサイエンティストという職業。主にどんな仕事をしているのか?自分たちの仕事に活かせる事はあるのか?をご紹介致します。

2014年1月18日
第65回 2014年1月18日(土)15:00~16:00
テーマ ITC群馬10年の歩みとITCの今後
講師 清水健司
内容

2002年に産声を上げたITC群馬のこれまでの活動を通して、 ITおよびITCの役割と今後果たすべき役割について考えます。

第66回 2014年1月18日(土)16:00~17:00
テーマ 今日、求められる、経営に資する内部監査とは
講師 下田哲也
内容

従来からの準拠性を検証する内部監査の変遷と、今日、求められている、リスクアプローチ監査、ビジネスリスク監査、ガバナンス監査、経営監査といった業務領域から経営管理領域におよび、アシュアランスはもとより、コンサルティング機能を有効活用した、経営に資する内部監査をご紹介します。

2013年11月16日
第63回 2013年11月16日(土)15:00~16:00
テーマ REACH規制に対する中小製造業の取り組み
講師 小池国夫
内容

EU(欧州連合)は化学物質とその使用を管理するための法規制を2007年に施行しました。これがREACH規制です。これによりEUへ輸出する企業には新たなリスク評価や安全性の保障責任が生じ、サプライチェーンを構成する中小製造業にも大きな負担が強いられることになりました。中小製造業の取り組みを紹介します。

第64回 2013年11月16日(土)16:00~17:00
テーマ e-Learnigの動向とパルビットの取組み
講師 嶋村 譲
内容

動画アーカイブとして話題になっているTED、大学などの教育機関が発信するMOOC,JMOOC、およびオンライン教材をYOUTUBEで配信する例などを中心にe-Learnigの動向を紹介します。合わせてパルビットの取り組みを紹介し意見交換を行いたいと思います。

2013年9月14日
第61回 2013年9月14日(土)15:00~16:00
テーマ 品質の管理 −TQCを考える−
講師 小山 昭男
内容

日本の製造業の発展に大きく寄与してきた品質管理。しかし、この手法の導入は製造現場以外ではあまり見ることがない。仕事を行うには必ずアウトプットがあり、その品質の向上が求められる。間接部門や管理者の品質の向上をTQCの視点から考える。

第62回 2013年9月14日(土)16:00~17:00
テーマ 3Dプリンターがものづくりを変える
講師 小林 広之
内容

ヤマダ電機でも買えるようになった3Dプリンター。ものづくりの現場で飛躍的に技術革新が進むと言われています。3Dプリンターは何を可能とし、何を革新するのでしょうか。話題ばかりが先行して以外に理解できてない 3Dプリンターの仕組みや特徴について、オープンセミナーで情報共有しましょう。

2013年7月13日
第59回 2013年7月13日(土)15:00~16:00
テーマ 電子書籍の動向について
講師 芦田 健一
内容

日本の電子書籍市場に、アマゾン、楽天、Appleなどの大手がようやく参入を果たし、今後ますます経済的に発展していく分野と思われます。閲覧端末、フォーマットなどの特徴や今後の動向について調査した内容を発表します。

第60回 2013年7月13日(土)16:00~17:00
テーマ 標的型サイバー攻撃と企業の取るべき対応
講師 京盛 真信
内容

年々脅威が高まっている特定企業を標的として情報奪取や情報改ざんを行う「標的型サイバー攻撃」に対して、企業としては如何なる対策を取るべきかを述べる。また、標的型サイバー攻撃を受けた企業は、平成23年改正刑法で保護される領域についても述べる。

2013年5月11日
第57回 2013年5月11日(土)15:00~16:00
テーマ 組織の壁とミドルの巻き込み力〜FXLI人材開発白書
講師 加部 雅之/font>
内容

戦略を策定するだけでは業績の改善につながりません。実行してはじめてその果実を手にすることができます。これまでの研究を通じて、戦略実行を妨げる要因の一つが「組織間連携」の不備と見ています。組織のしがらみを乗り越え、他組織を巻き込みながら戦略を推し進めるミドルマネジャーはどうあるべきかを考えます。

第58回 2013年5月11日(土)16:00~17:00
テーマ ビジネスモデルの設計を考える
講師 木島 隆
内容

ビジネスモデルを描くことは、新規ビジネスを興す場合だけではなく、現在のビジネスを再確認し改善していく上でも重要なポイントとなります。今回は設計方法のひとつである“ビジネスモデル・ジェネレーション”を紹介し、知識を深めます。

2013年3月9日
第55回 2013年3月9日(土)15:00~16:00
テーマ 荒井会計事務所 経営計画発表 2013
講師 岩井直樹
内容

昨年に引き続き、発表者が所属する荒井会計事務所の今年の経営計画を発表します。経営計画書作成の過程で使った手法や前年から改善した点などもお伝えします。

第56回 2013年3月9日(土)16:00~17:00
テーマ マネジメントを考える5
講師 樺沢 力
内容

〜一読して価値のあるビジネス書と中小企業経営へのヒント〜毎月数百冊発刊されるビジネス書からの3冊を選び、そのエッセンス・キーワードを紹介し中小企業の経営に生かすヒントを概説します。

2013年1月19日
第53回 2013年1月19日(土)15:00~16:00
テーマ みんビズの活用
講師 登坂貴則
内容

みんなのビジネスオンラインを利用したホームページ開設までの流れと、作成した際に気づいた点、こんなことができます。を紹介します。

第54回 2013年1月19日(土)16:00~17:00
テーマ サプライチェーンの情報セキュリティ管理について
講師 茂木真一
内容

サプライチェーンに参加する多くの中小企業では、人材・知識をはじめとする情報セキュリティに対する資源が不足しており、個別の努力に限界があります。この課題を解決する為、サプライチェーン全体としての標準的な基準に基づき、基本的な対策を各社が実装・運用できるようにすることが効果的であるとの観点から国策として進められている「サプライチェーンの情報セキュリティ管理」についてお話ししたいと思います。

2012年11月10日
第51回 2012年11月10日(土)15:00~16:00
テーマ 中小企業の基幹系システム導入傾向と近年の基幹システムのご紹介
講師 細井伸明
内容

昨今の中小企業の求めるシステム化とは?IT投資市場動向と近年市場で求められている基幹システムとはどのようなものかを、ご紹介致します。

第52回 2012年11月10日(土)16:00~17:00
テーマ 介護老人福祉施設における当世IT事情
講師 小池国夫
内容

介護老人福祉施設の在り方については各方面からさまざまな問題がとりざたされている。今回は介護施設におけるIT、とりわけ介護ソフト・介護システムに焦点を絞って導入時の課題等について報告します。

2012年9月8日
第50回 2012年9月8日(土)15:00~16:00
テーマ 中小企業の基幹系システム導入傾向と近年の基幹システムのご紹介
講師 細井伸明
内容

昨今の中小企業の求めるシステム化とは?IT投資市場動向と近年市場で求められている基幹システムとはどのようなものかを、ご紹介致します。

第51回 2012年9月8日(土)16:00~17:00
テーマ 介護老人福祉施設における当世IT事情
講師 小池国夫
内容

介護老人福祉施設の在り方については各方面からさまざまな問題がとりざたされている。今回は介護施設におけるIT、とりわけ介護ソフト・介護システムに焦点を絞って導入時の課題等について報告します。

2012年7月14日
第48回 2012年7月14日(土)15:00~16:00
テーマ ビッグデータの利用価値と利用方法
講師 芦田健一
内容

インターネットの発達にともなって爆発的に増大した無秩序なデータ(ビッグデータ)は、社会にとって有益な情報に変換されるのか。どのようなビジネス分野に利用できるのか、どのような技術で実現可能になるのかを紹介する。

第49回 2012年7月14日(土)16:00~17:00
テーマ 情報セキュリティ事情+インシデントへの対処
講師 高橋誠一
内容

情報漏えい事故発生時の注意点や、それらに対応するための対策、最近の情報セキュリティ事情など、スマートフォンや、SNS、クラウドサービスなどで発生している問題などの情報をご紹介します。

2012年5月12日
第46回 2012年5月12日(土)15:00~16:00
テーマ TQMと方針管理
講師 小山昭男
内容

企業が存続し繁栄していくためには「顧客満足の高い製品やサービス」を提供し続ける事が重要と言われている。このため事業の計画立案にTQMが採用されているが、その考え方を理解し・手法を有効に活用し・そのシステムを正しく構築できるよう事例を含めて紹介する。

第47回 2012年5月12日(土)16:00~17:00
テーマ 県内企業の経営課題の解決を支援する(財)群馬県産業支援機構の紹介
講師 平本善則
内容

発表者が経営総合相談窓口マネージャーとして3年間非常勤として勤務している(財)群馬県産業支援機構について、企業への支援内容等を紹介する。

2012年3月10日
第44回 2012年3月10日(土)15:00~16:00
テーマ マネジメントを考える4
講師 樺沢 力
内容

〜一読して価値のあるビジネス書と中小企業経営へのヒント〜毎月数百冊発刊されるビジネス書からの3冊を選び、そのエッセンス・キーワードを紹介し、中小企業の経営に生かすヒントを概説します。

第45回 2012年3月10日(土)16:00~17:00
テーマ Androidアプリの作り方
講師 藤枝哲哉
内容

Android専用アプリについて、ハードの特徴から開発環境、開発のポイントなど、実際の開発の様子をお見せしながら解説します。

2011年1月14日
第42回 2012年1月14日(土)15:00~16:00
テーマ 実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条
講師 清水健司
内容

システム開発を成功に導くために発注者、受注者、双方の立場で守るべき原理・原則を紹介します。出展:情報処理推進機構(IPA)発行の同名の書籍。

第43回 2012年1月14日(土)16:00~17:00
テーマ 2012年度 事業計画発表
講師 岩井直樹
内容

所属する荒井会計事務所の事業計画を発表します。 また、その事業計画書作成の過程を、様々なノウハウ・ツールをご紹介しながら解説します。

2011年11月12日
第40回 2011年11月12日(土)15:00~16:00
テーマ IT・経営コンサルタント創業の実際
講師 平本善則
内容

発表者は2009年4月にIT・経営コンサルタントとして個人事業主として創業した。創業(個人事業主)の方法・手続きや現在の業務内容、経営状況について発表する。

第41回 2011年11月12日(土)16:00~17:00
テーマ webマーケティングの基本と動向
講師 木島 隆
内容

Webサイトでの販売・サービス提供を事業として成功するためにはSEO対策をはじめ、マーケティング活動が欠かせません。本セミナーでは、マーケティングの基本的な考え方とフェースブックの活用等の動向をご紹介します。

2011年9月10日
第38回 2011年9月10日(土)15:00~16:00
テーマ 戦略実行力
講師 加部雅之
内容

メンバーの戦略実行を促進する立場であるミドルマネジャーのマネジメントのあり方を、仝従譽瓮鵐弌爾寮鑪実行度の実態、▲潺疋襯泪優献磧爾離泪優献瓮鵐箸亮詑屬亡悗垢訥敢此κ析をふまえ考えます。(戦略実行度の簡易アセスメント付き)

第39回 2011年9月10日(土)16:00~17:00
テーマ 受託業務実行システムのご紹介
講師 下田哲也
内容

アウトソーシングを受託する企業は、各顧客から類似する業務を受入れて、顧客より効率化させ実施することが飛躍のカギとなります。こうしたアウトソーシングの代表的な、3PL・流通加工・印刷BPOなどに必要となる、IT化のポイントを盛り込んだ情報システムと、業務整理の為のツールをご紹介します。

2011年7月9日
第36回 2011年7月9日(土)15:00~16:00
テーマ グローバリゼイション時代におけるIT組織の取り組み
講師 小山昭男
内容

国内景気低迷の昨今、企業の海外進出は更に加速度を増し、中小企業に於いても同様に海外に目を向けている。国内では複数の拠点でIT部門が作られ、そのIT環境も多彩なものとなっている。一方、経営はスピードを追求するがIT環境の違いがこれを妨げている場合がある。これらを防止するためのIT部門の取り組みを紹介する。

第37回 2011年7月9日(土)16:00~17:00
テーマ フリーのビジネスモデルについて
講師 小林広之
内容

インターネットの世界では数多くのフリー“無料”のビジネスモデルが存在する。日本放送出版協会から出版された「フリー―“無料”からお金を生みだす新戦略」を参考に、フリーのビジネスモデルについて理解を深める。

2011年5月14日
第34回 2011年5月14日(土)15:00~16:00
テーマ クラウド時代の情報セキュリティ
講師 茂木真一
内容

クラウド・コンピューティングの普及に伴い、ITの所有から利用への転換が加速し、外部に委託する情報が飛躍的に多くなります。一方で情報セキュリティに対する懸念は強く、委託元、委託先双方にメリットがある解として情報セキュリティ監査が注目を浴びています。クラウド時代における情報セキュリティ政策の方向性、情報セキュリティ監査制度についてお話します。

第35回 2011年5月14日(土)16:00~17:00
テーマ 小規模工場への生産管理システム導入事例
講師 小池国夫
内容

工作機械で使用する切削工具(ドリルやエンドミルなど)を製造するS社は従業員20名の中小製造業会社です。それまで手書きの製造指示書で作業していた作業者たちが、バーコードリーダーを使用して工程管理するまでに至った「生産管理システム導入ストーリー」をご紹介します。実際に導入したシステムの操作デモもご覧下さい。

2011年1月15日
第32回 2011年1月15日(土)15:00~16:00
テーマ UMLを業務分析に活用する
講師 嶋村 譲
内容

UML(Unified Modeling Language)は、オブジェクト指向のモデル表記法として、システム分析からプログラミングまで広く利用されています。これを業務分析のツールとして、ビジネスモデルの記述や業務フローの記述に適用することにより、ビジネスを「見える化」することができます。その使い方と事例についてお話します。UMLを記述することができるフリーソフトの紹介もします。

第33回 2011年1月15日(土)16:00~17:00
テーマ クラウド時代の情報セキュリティ
講師 茂木真一
内容

クラウド・コンピューティングの普及に伴い、ITの所有から利用への転換が加速し、外部に委託する情報が飛躍的に多くなります。一方で情報セキュリティに対する懸念は強く、委託元、委託先双方にメリットがある解として情報セキュリティ監査が注目を浴びています。クラウド時代における情報セキュリティ政策の方向性、情報セキュリティ監査制度についてお話します。

2010年11月13日
第30回 2010年11月13日(土)15:00~16:00
テーマ 中小企業向けセキュリティ教育の実践
講師 高橋誠一
内容

平成21年度中小企業情報セキュリティ対策促進事業として行われた、JNSA主催の「中小企業向け指導者育成セミナー」教材を活用した、中小企業向けのセキュリティ教育をITCとして実践した内容とそれらに対する各企業の反応などを通し、中小企業のセキュリティ対策の実態について説明いたします。

第31回 2010年11月13日(土)16:00~17:00
テーマ 地球温暖化防止条例とIT部門に求められる取り組み
講師 京盛真信
内容

東京都改正確保条例(2009年4月)、改正省エネ法(2010年4月)が相次いで施行され、企業には多くの温暖化対策として新たな義務が課せられる見通しである。公官庁や、金融機関・流通サービス業など、IT依存度が高い業種・業態においては、CIOやIT部門長が大きな役割を果たすことになる。本セミナーでは、地球温暖化防止条例に対するCIO・IT部門長に求められる課題と対策について説明する。

2010年9月11日
第28回 2010年9月11日(土)15:00~16:00
テーマ 「IFRS(国際会計基準)について」
講師 岩井直樹
内容

日本におけるIFRS(国際会計基準)の導入については様々な影響が予想され、IT業界でも注目されています。ここでは、ソフトウェア業に対する工事進行基準の適用など具体例を示しながら、業務プロセスや情報システムさらには企業経営全体に対する影響を解説します。

第29回 2010年9月11日(土)16:00~17:00
テーマ 「ソーシャルアプリのつくり方」
講師 藤枝哲哉
内容

個人で管理するアドレス帳からSNSのフレンド(マイミク)を経て、ソーシャルグラフ(関係性の乗り入れ)が注目されています。mixiアプリ、twitterアプリの作例とともにその将来性を考えます。

2010年7月10日
第26回 2010年7月10日(土)15:00~16:00
テーマ 「活動基準原価計算の導入」
講師 武 正章
内容

管理会計手法の一つである活動基準原価計算(Active Based Costing:ABC)について紹介します。活動基準原価計算は、製品やサービスを提供するための間接コストを活動単位に分割して、個々の活動ごとの基準を用いてコストを算出し、原価計算を行う手法です。

第27回 2010年7月10日(土)16:00~17:00
テーマ 「RFIDおよび生体認証の最新動向と適用事例」
講師 清水健司
内容

 

非接触での認識技術であるRFIDとてのひら静脈による生体認証技術の簡単な仕組みと活用事例についてご紹介します。
2010年5月15日
第25回 2010年5月15日(土)15:00~17:00
テーマ 「高速アプリケーション開発ツール(Sapiens)の紹介とデモ」
講師 株式会社東條経営科学研究所 専務取締役 東條是樹様
内容

Sapiensは、イスラエルで開発され、世界中で利用されている基幹システムのRAD(Rapid Application Development)環境用ソフトウェアです。システム開発工数1/3、保守工数1/5に低減したという実績があります。(株)東條経営科学研究所は、サピエンス・ソリューション・サービスを提供する会社です。今回のセミナーでは、2時間の予定で、Sapiensの機能の説明と実際のソフトを使ったデモを実施していただきます。(以上 推薦と文責は嶋村です)

2010年3月13日
第23回 2010年3月13日(土)15:00~16:00
テーマ 「マネジメントを考える3」〜一読して価値のあるビジネス書と中小企業経営へのヒント〜
講師 樺沢 力
内容

前回は、「経営者の教科書(2006年刊)」、「経営者の美学(2006年刊)」、「会社は頭から腐る(2007年刊)」の3冊の紹介をした。今回も週に1冊のペースでビシネス書を読み続けている発表者が、毎月数百冊発刊されるビジネス書から最近の3冊を選び、そのエッセンス・キーワードを紹介し、中小企業の経営に生かすヒントを概説する。

第24回 2010年3月13日(土)16:00~17:00
テーマ 「法令から学ぶ、文書作成」
講師 木島 隆
内容

ビジネスには文書作成はつきものです。簡単なメールのやり取りや、ISOや内部統制における標準類、ユーザー向けのマニュアルなど、様々な文書を作成する機会があります。このセミナーでは、一見取りつきにくい“法令”から文書作成のノウハウを探ってみます。

2010年1月16日
第21回 2010年1月16日(土)15:00~16:00
テーマ 「民主党の税財政政策の方向性を点検する」
講師 山上 達也
内容

8月30日の衆議院総選挙により戦後初めて選挙による政権交代が実現されました。新しく政権を担うことになった民主党の税財政政策の方向性について現在明らかにされている情報を元に検討します。

第22回 2010年1月16日(土)16:00~17:00
テーマ 「小売業の現状と課題」
講師 上山 和則
内容

百貨店やスーパーが前年比割れを続ける中、ユニクロやh&mなど製造小売は売上を拡大し、また、インターネット通信販売は市場を拡大している。消費不況と言われる小売業界の現状と課題について概要を解説します。

2009年11月7日
第19回 2009年11月7日(土)15:00~16:00
テーマ 「コンカレント型BPOのご紹介」
講師 下田 哲也
内容

経理や人事業務における通常のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)は、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)実施後に導入を行うのが 一般的ですが、現状業務をそのまま引き継ぎ、その後BPRを実施することで 導入のコスト削減/期間短縮、更に最適化されたBPOを実現するコンカレント 型BPOをご紹介します。

第20回 2009年11月7日(土)16:00~17:00
テーマ 「製造業経営者の為の新型インフルエンザ対策」
講師 京盛 真信
内容

弱毒性ながら感染力の高い「新型インフルエンザ」に対し、製造業経営者として取るべき施策を、判りやすく説明致します。

2009年9月12日
第17回 2009年9月12日(土)15:00~16:00
テーマ "かかわり"が人を育てる
講師 加部 雅之
内容

人材育成は組織の至上命題です。世界同時不況の今、各企業では人材育成が後回しにされ、短期的な業績に目が向きがちです。そんな時だからこそ、中長期的な視点で将来に投資する「人材育成」について、特に仕事を通じた周囲との"かかわり"という切り口から考えてみたいと思います。

第18回 2009年9月12日(土)15:00~16:00
テーマ 問題解決の考え方とその手法(第2回:事例編)
講師 嶋村 譲
内容

第1回に引き続き、問題解決の考え方について代表的な手法を紹介します。今回は、「ロジカルシンキング」について解説します。ロジカルシンキングは、複雑に絡み合った問題を分析し、最重要な課題を発見する場合などに使われます。セミナーでは理論の説明だけでなく、発表者がコンサルタント活動の中で経験した事例を中心にお話をします。

2009年7月11日
第15回 2009年7月11日(土)16:10~17:00
テーマ 小規模工場向け生産管理システムの紹介
講師 小池 国夫
内容

金属加工や部品組立を行う小規模工場に特化した生産管理ソフト「MaJp生産管理システム」を実際にパソコンでデモをしながらわかりやすく紹介します。

第16回 2009年7月11日(土)15:20~16:10
テーマ 小規模企業社長のビジネスインテリジェンス導入
講師 小林 広之
内容

BI(ビジネスインテリジェンス)は、経営サイクルで蓄積されたデータを分析、活用することで、経営に有用な知見を得るための手法です。小規模企業がIT経営を進める上で、どのようなBI活用の方法があるか、ITCの視点でご紹介いたします。

第13回 2009年7月11日(土)14:30~15:20
テーマ ITCとSEの連携
講師 角張 晋也
内容

「企業経営とITの知識を持つITC」と「システムエンジニア」の連携について。システム開発工程から導入まで、ITCとSEの役割について説明します。

2009年5月16日
第14回 2009年5月16日(土)16:00~17:00
テーマ BCMの構築について
講師 茂木 真一
内容

世界同時不況、新型インフルエンザの流行などサプライチェーン全体を脅かす脅威が現実のものとなった今日、事業継続への取り組みに高い関心が寄せられています。BCM(事業継続管理)とはどういったものか? BCP(事業継続計画)をどのように作成するのか? BCMとBCPの概要をお伝えすると共に国際規格化の動向なども交えお話しいたします。

2009年3月14日
第11回 2009年3月14日(土)15:00~16:00
テーマ インターネットセキュリティの動向
講師 高橋 誠一
内容

 インターネットに関するセキュリティ対策の必要性が、年々増しています。インターネットの脅威に関する最新動向と、その対策を富士ゼロックスのbeatサービスを例にご案内します。管理コストを低減し、最善の安全対策を導入するための参考にしてください。

第12回 2009年3月14日(土)16:00~17:00
テーマ 農業分野のITの活用
講師 塚越 健
内容

 消費者の食に対する安心安全への高まりの中、農業分野では高齢化や現場主義であるためにITを活用した事例が少ないのが現状です。農業分野でITを活用した事例や先進的な取組みなどを問題点を含めてご紹介いたします。

2009年1月10日
第9回 2009年1月10日(土)15:00~16:00
テーマ 石油流通業界におけるIT導入事例
講師 岩井 直樹
内容

 ERPパッケージなどを導入している企業は多いが、成否はさまざまである。今回は1998年よりドイツ製ERPパッケージを導入し、国内11社、海外3社に展開している県内の自動車部品等製造企業グループの導入事例を紹介する。この企業グループでは人事管理モジュール(HR)、財務会計モジュール(FI)、管理会計モジュール(CO)、販売管理モジュール(SD)、在庫/購買管理モジュール(MM)、生産管理/計画モジュール(PP)を導入しているが、今回はロジスティック関係の機能を中心に紹介する。

第10回 2009年1月10日(土)16:00~17:00
テーマ Webサービス開発の最新動向と拡張性
講師 藤枝 哲哉
内容

 WebEDIの登場からしばらくたちますが、Webサービス等一般でも実用に使える実装が増えてきました。RESTfull仕様とAjax技術を組み合わせることで、データの可搬性とシステムの拡張性、操作性の向上が飛躍的に高まります。ここではcakePHP1.2フレームワークとjQueryAjaxライブラリによる使って楽しい実例とともにご紹介します。

2008年11月 8日
第7回 2008年11月8日(土)15:00~16:00
テーマ ISO9000(QMS)、ISO20000(ITSMS)、ISO27000(ISMS)の最新動向
講師 清水 健司
内容

 近年ISO9001を取得している会社でありながら品質の問題が露見されるケースが多々見受けられます。これらの問題を受けてISO審査の厳格化等が検討されています。これらISO規格の改版や審査に関する最新動向をまとめて紹介します。

第8回 2008年11月8日(土)16:00~17:00
テーマ システム導入コスト初期見積精度UPへの取り組み
講師 平田 啓介
内容

 業務システムの導入にあたっては、ITベンダーからの初期見積から、要件の増大とともにコストが膨らんでいくことが多くあります。ITベンダーの営業の立場から、実際のプロジェクトの事例において初期見積の精度を高める為にとった方策をご紹介します。

2008年9月 6日
第5回 2008年9月6日(土)15:00~16:00
テーマ ERP導入事例
講師 武 正章
内容

 ERPパッケージなどを導入している企業は多いが、成否はさまざまである。今回は1998年よりドイツ製ERPパッケージを導入し、国内11社、海外3社に展開している県内の自動車部品等製造企業グループの導入事例を紹介する。この企業グループでは人事管理モジュール(HR)、財務会計モジュール(FI)、管理会計モジュール(CO)、販売管理モジュール(SD)、在庫/購買管理モジュール(MM)、生産管理/計画モジュール(PP)を導入しているが、今回はロジスティック関係の機能を中心に紹介する。

第6回 2008年9月6日(土)16:00~17:00
テーマ J-SOX法におけるIT全般統制環境構築事例
講師 京盛 真信
内容

 2006年6月に、企業の内部統制ルールに基づく会計監査の強化を求める法規制(J-SOX法)が成立し、各企業では内部統制システムの構築が進んでいる。本セミナーでは、これに関連して、IT(情報システム)全般統制環境構築の事例を、発表者の経験を踏まえてわかりやすく解説する。

2008年7月12日
第3回 2008年7月12日(土)15:00~16:00
テーマ マネジメントを考える2
〜一読して価値のあるビジネス書と中小企業経営への生かし方〜
講師 樺沢 力
内容

 前回は、今なおロングセラーである「真実の瞬間(1990年刊)」、「ビジョナリーカンパニー2(2001年刊)」、「プロフェショナルマネジャー(2004年刊)」の3冊の紹介をした。良書というものは、時を感じさせないものである。今回も週に1冊のペースでビシネス書を読み続けている発表者が、毎月数百冊発刊されるのビジネス書から最近の3冊を選び、そのエッセンス・キーワードを紹介するとともに、中小企業の経営にどのように生かしていったらよいかを概説する。

第4回 2008年7月12日(土)16:00~17:00
テーマ 内部統制を経営に活かす〜経営の点検と整備〜
講師 上山 和則
内容

 4月1日から内部統制報告制度がスタートした。内部統制は今から準備を始めるものではなく、そもそも会社には備わっているものである。本制度は、これをもう一度点検し整備する取り組みである。今回は、本制度のガイドラインの要点を整理して、経営に活かすヒントを解説する。

2008年5月10日
第1回 2008年5月10日(土)15:00~16:00
テーマ ユーザ(現場)はどこまでITシステムを作れるか?
〜中小企業に新しい時代をもたらすEUC2.0〜
講師 木島 隆
内容

 EUCとはユーザ(現場)主導のITシステムの企画・導入のことである。一時期はさほど話題にならなかったが、パソコンが社員に行き渡るようになり、インターネットに当たり前のように接続できる環境が整った今、EUC2.0として新たな注目を浴びてきている。それはインターネット技術やデータベース技術を活用することにより、安価でかつ効果的なITシステムの構築が可能となるからである。セミナーではハードウェアやソフトウェアを導入するときのポイントやEUC2.0を実現するための会社の取組について概説する。

第2回 2008年5月10日(土)16:00~17:00
テーマ 政府電子化諸国事情
講師 山上 達也
内容

 日本では、これまで国税庁が中心となりe-Taxを積極的に推進するなど政府の電子化が進められている。現在までのe-Taxの進捗は当初計画を上回るスピードで進んでいるが、世界の中で見るとどうなのか?諸外国の政府電子化の進捗状況と日本の現状について比較し、今後の展望と影響について検討する。

 

カテゴリートップ
TOP
メインメニュー
東日本震災復興支援プログラム
ITコーディネータ協会は、今回の大地震で被災した地方公共団体、教育機関、中小企業の情報システム復旧のために、IT企業各社からの無償提供プログラムを紹介します。
ITコーディネータとは
ITコーディネータ協会

ITコーディネータは、経営とITの両面に精通したプロフェッショナル
経営者の立場に立って「真に経営に役立つIT投資」をサポートします
ITコーディネータとは

ITC群馬の紹介
設立:2004年7月12日
理事長:木島 隆
会員:22名(2011年12月現在)
目的:群馬県内で活動するITC(ITコーディネータ)や中小企業診断士をはじめとする経営と情報の専門家を核として、企業のIT導入・活用を支援する事業などを行い、企業の情報化に寄与すること。
活動内容:
(1)ITC活動に関する情報の交換・共有化
(2)ITC制度の普及及び広報活動
(3)テーマ別研究会による研究活動
(4)企業のIT導入・活用のための支援活動
(5)ITCを目指す方々のための支援活動
(6)その他、ITC群馬の目的を達成するために必要な事業
お問合せ
特定非営利活動法人
   ITC群馬
〒371-0232
群馬県前橋市茂木町407-7
Tel:027-327-4887
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失: 新規登録
Copylight 2006 ITC-gunma All right riserved.